体格の大きい人でも着れる!大きいサイズの作業服の魅力

体格の大きい人はファッションを楽しむときにサイズの悩みを抱えているでしょう。参考情報⇒おしゃれな作業服・作業着なら専門通販サイト|ユニフォームタウン

それと同じように作業服のサイズでも悩みを抱えているケースがあります。このような体格の大きい人が抱える悩みを解消するために、作業服には大きなサイズのバリエーションが増えてきています。そこで今回は大きなサイズの作業服におけるメリットや魅力を紹介していきます。

3Lや4Lの作業服もある

大きなサイズの作業服が置かれていない店舗ではLサイズやXLサイズの作業服が限界です。しかし、このサイズでは体格の大きい人が着るのは難しいケースがあるかもしれません。そのため体格の大きい人が作業服を探すのであれば、大きなサイズの作業服を豊富に入荷しているところが良いでしょう。

そのような店舗であれば、3Lや4Lといったビッグサイズの作業服が豊富にあります。大きなサイズの作業服を豊富に入荷している店舗はカラーバリエーションも多いので、好みの作業服が見つかりやすいでしょう。大きなサイズの作業服は、通常の作業服よりも袖が通しやすくなっているのが特徴です。

通常の作業服はスタイリッシュなタイプが多いのに対して、大きなサイズの作業服は袖のスペースを広くしていることで、このメリットが得られるようになっています。大きなサイズの作業服はアメリカのメーカーから取り寄せていることも多いので、いつもの買い物と同じ感覚で購入すると大きすぎるというケースもあります。

サイズが合わないと作業に影響が出る可能性もあるため、慎重に選ぶのが良いでしょう。

筋肉質な人は大きなサイズの方が合いやすい

筋肉質なタイプの人は身長やウエストは大きくないけれど、腕が太くて作業服が着にくいという経験があるかもしれません。それは通常サイズの作業服がスタイリッシュなことが原因となっています。スタイリッシュな見た目を重視することで、袖部分のスペースが狭く、窮屈な着心地になってしまう傾向にあります。

そこでオススメなのが大きなサイズの作業服です。大きなサイズの作業服は袖のスペースが広いため、腕に筋肉が付きやすい人は窮屈感が少ないというメリットが得られます。これはズボンにも同じことが言えます。ズボンのスペースも広く、太ももやふくらはぎが太い人は履きやすい感覚があるでしょう。

このように腕や太もも、ふくらはぎといった部分だけが大きくなっている人は、大きなサイズの作業服を買うときにワンサイズ小さいものを意識するのが良いでしょう。大きなサイズの作業服は日本のものよりも大きい傾向が強く、一部分だけが大きい人にとってはスペースが広すぎる感覚があるかもしれません。

そのため小さめを着ることでピッタリなサイズになるケースが多いです。

着込む枚数が多い人にも大きなサイズの作業服は良い

冬場に屋外で作業を行う人はインナーを着込む枚数が多いでしょう。寒がりな人や冷え性の人は着込む枚数が多くて、作業服を着たときの見た目が悪くなるケースも珍しくありません。そんな人に適しているものとして大きなサイズの作業服があります。

夏場に着る作業服は通常サイズでも、冬場用は着込む枚数を考えて大きなサイズの作業服を買っておくことで、着込む枚数が増えてもカッコイイ着こなしができるようになります。この着込む枚数を考えて買うことは、普段から大きなサイズの作業服を使っている人にも必要です。

例えば普段は3Lの作業服を着ていても、冬場に厚手のインナーを着るのであれば、4Lの作業服を買っておくのが良いでしょう。ワンサイズ大きいものを買っておくことで、着込む枚数が増えてもスペースに余裕を持って着ることができます。

ワンサイズ大きいものを選ぶのは好きではないという方は、インナーの枚数を工夫するのが良いでしょう。例えば3枚インナーを着ているケースでは、インナーを2枚に減らすのが良いでしょう。ただ枚数を減らすだけでは防寒性が低くなるため、2枚のうちの1枚は厚手のインナーを選ぶのがポイントです。

そうすることによって、夏用の作業服と変わらないサイズで作業服を着ることができます。

ここで注意が必要なのが、夏用と冬用での違いです。サイズが同じだから夏服を冬場も使うというのは良い方法とは言えません。冬用の作業服は夏用の作業服よりも防寒性が高いものが多いので、冬場は冬用の作業服を用意しましょう。

大きなサイズの作業服でもオシャレはできる

大きなサイズの作業服はオシャレなものが少ないというイメージを持っているかもしれませんが、大きなサイズの作業服にもカラーバリエーションやデザインのバリエーションが増えてきています。

そのため体格の大きな人が、大きいサイズの作業服を着ても格好良く見えるケースが多いでしょう。大きなサイズの作業服をオシャレに着こなすためのポイントは色選びにあります。カラーバリエーションが豊富になったことで、細かい色の変化も楽しむことができるようになっています。

例えば青系の作業服を着るときには、濃い青やネイビーの作業服を選ぶのがオススメです。深い色合いのカラーを選ぶことで、落ち着いた印象を与えやすく、仕事のできる人として見てもらいやすいでしょう。デザインもオシャレを楽しめる要素です。

作業服はシンプルなものしかないというイメージを持っているかもしれませんが、デニム系の生地を採用している作業服や、ヨーロピアンスタイルの作業服もあります。特にデニム系の生地を使った作業服は若々しい印象を与えやすく、様々なインナーを合わせられるという魅力があるでしょう。

関連:おしゃれな作業服を探す時はネットと店舗を併用する

機能面でも落ちることはない

大きなサイズの作業服を選ぶときには、機能面を心配する人もいるでしょう。サイズを大きくすることに予算を使って、機能面を疎かにしてしまうケースを考えてしまうからです。しかし、そのような心配は必要ないでしょう。

大きいサイズのものでも、現場に適した加工を施した作業服は作られています。また大きいサイズの作業服はストレッチ性も心配されるかもしれません。生地によっては伸縮性の低いものもありますが、シンプルな作業服であれば、大きいサイズのものでもストレッチ性が低くなることはないでしょう。

大きいサイズの作業服でも細かい作業に対応できるような作りになっているため、精密機器を扱う仕事にも着ていくことが可能です。体格の大きい人は汗の量が多い傾向もあるため、通気性を高めているものも多いでしょう。