カッコイイと思われたい!おすすめの作業服の着こなし方

作業服のデザインにはバリエーションが少なく、人と被ってしまうケースも珍しくありません。しかし、同じ作業服を着ていても、自分の方がカッコイイと思われたいものではないでしょうか。同じ作業服で個性を出すためには着こなし方が重要になります。

そこで今回は作業服のカッコイイ着こなし方を紹介していきます。着こなし方を変えるだけで、周囲からの注目度が高くなるかもしれませんよ。

サイズは自分に合っているものがカッコイイ

通常のファッションでは大きめに着ることで男らしさをアピールするケースや、小さめに着ることで筋肉質な体型をアピールするケースがあります。しかし、作業服を着る場合には、その着こなし方はセンスが良いとは言えません。

作業服の構造上の問題で、余裕を持たせて着ることや寸足らずで着ることは美しく見えないようになっています。そのため作業服を着てカッコイイと思ってもらうためには、自分の身長や体型に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

通常のファッションでは服を着崩すパターンもありますが、その着こなし方も作業服の場合はカッコイイとは言えません。カタログで見るようなピシッとした着こなし方が作業服を着るときには適しています。サイズの問題で注意しなければならないのは、季節ごとに着込んでいる枚数が違うところです。

例えば夏場はインナーを一枚着るだけで済むことが多いですが、冬場になると冷え込むためインナー以外に、別の服を着込むことも珍しくありません。このような状況に対応するために、夏用と冬用で作業服のサイズを変えておくのがおすすめです。

冬用をワンサイズ大きめに買っておくことで、着込んでも違和感がなく着こなせるでしょう。

インナーにこだわってみるのもおすすめ

作業服では個性を出せないと考えている人は、インナーにこだわってみるのも良い方法と言えます。作業服は会社から指定されたものを着ていても、インナーは自分で自由に選ぶことが可能です。そのため作業服に合うインナーの選び方で、格好の良さが変わってくるでしょう。

基本的にはインナーも自分の体型に合うものを選ぶのが重要になります。ピッタリと体にフィットするものを選ぶことで、スッキリとした印象を与えやすくなるでしょう。作業服の隙間からインナーが見えたときにも、フィット感の高いものの方が綺麗な着こなしに見えます。

インナーの色合いとしては派手なものよりも、暗めの色合いが好ましいと言えます。これは作業服の色合いに暗いものが多いからです。作業服の色合いが暗めなのに、インナーが明るい色だとインナーだけが浮いてしまう傾向が強くなります。

ファッションの上級者でなければ、明るい色合いを使うのは難しいので、暗めの色を選ぶのが無難です。特に黒やネイビーといった色が良いでしょう。このような暗めの色を使ったインナーを選ぶときには、デザインのシンプルなものが好ましいです。

主張の強いデザインはインナーが目立ちすぎるため、作業服を着たときに格好の良さが減少してしまいます。

作業服の色を選べる場合は定番を避けてみよう

作業服は基本的に会社の指定したものを着ることになります。しかし、会社によっては色の指定が厳しくないパターンもあります。例えば青い作業服という指定はあるけれど、青系の色であればどれでも良いというケースです。

このようなパターンでは同系色の中でも色の選択ができるため、カッコイイものを選びやすくなります。青系であれば青色や水色が定番の色となりますが、この定番の色を選ぶのではなく、ネイビー色の作業服を選んでみましょう。

同じ青系の作業服でもネイビーの方が色合いが濃いため、シックな印象を与えることができます。濃い色合いの作業服は落ち着いた印象を与えるだけでなく、スマートな印象も与えやすいと言えます。同じデザインのものでも、人と違う色を選ぶことによって、オリジナリティーをアピールすることが可能です。

作業服との組み合わせを考えよう

作業服を格好良く着こなすためには、インナーだけでなく、靴との組み合わせも重要になります。作業服以外に会社から安全靴の購入を求められるケースもあります。安全靴は格好良く履けないと思っている人もいるかもしれませんが、デザインが豊富になっているため、ファッションを楽しめるポイントです。

安全靴の定番はスニーカータイプですが、ハイカットタイプの安全靴も増えています。作業服を格好良く見せるために、ハイカットタイプの安全靴に挑戦してみるのもおすすめです。ハイカットタイプの安全靴は足首を固定しやすく、捻挫を防げるというメリットもあります。

水を扱う現場では安全靴が濡れてしまうケースも考えられます。そのような状況にも対応できるように防水性の高い安全靴を選ぶのも重要なポイントとなります。安全靴が湿ってしまうと、足が蒸れる危険性もあるでしょう。

足が蒸れるのを防ぎたい場合は、透湿性に優れた安全靴を選ぶのも良い方法と言えます。

このように安全靴にも現場に適した加工が施されているケースがあります。そのことを考えると、デザインの良さと施されている加工の両方に注目しながら、安全靴を選ぶのが効果的です。そうすることによって、さらに作業服が格好良く着こなせます。

関連:体格の大きい人でも着れる!大きいサイズの作業服の魅力

冬場はジャケットとのバランスも重要

冬場に屋外で作業を行う場合には、ジャケットを着ることもあるでしょう。このジャケットを着たときの作業服とのバランスも、カッコイイ着こなしには重要なポイントになります。ジャケットは寒さを凌ぐものですから、防寒性の高いものを選ぶことは欠かせません。

しかし、防寒性が高いだけでデザインが良くないというのは、格好の良い着こなしができているとは言えないでしょう。そのためジャケットのデザインにもこだわりを見せることが大切になります。このジャケットのデザインを選ぶときの難点は、作業服に合うものを選ばなければならないことです。

作業服の色は基本的に派手なものは少ないため、ジャケットの色も明るいものを避けるのが無難な選択と言えます。ジャケットが派手すぎると、作業服の魅力が薄れてしまう可能性があります。ジャケットの形はスタイリッシュなものが好ましいです。

スタイリッシュなものであれば、全体的にスリムな印象を持ちやすいため、スッキリした見た目になります。またスタイリッシュなジャケットはフィット感が強いので、作業の妨げになりにくく、細かい動作を行うときにも窮屈な感覚が少ない傾向にあります。